弁護士採用Q&A

どのような弁護士の採用を考えていますか。

「事務所に貢献できる弁護士」を求めています。

具体的には、以下のような方の採用を考えています。

  • 仕事をバリバリして経験を積みたい方
  • プロ意識の高い方
  • 心身共にタフで明るい方

詳細は求める人材(弁護士)をご覧ください。

入所後、どのような案件をすることになりますか。

入所後は、ひと通りの案件をすべてこなせるよう、万遍なく担当してもらいます。

ひとつの分野に特化するということはありません。

ひと通りすべての分野を担当してこなせるようになってから、本人の希望分野を更に伸ばしていくという方針です。

企業法務分野の仕事の具体的な内容は何ですか。

契約書の作成・チェック、労働問題(使用者側)、債権回収などが多いです。

顧問契約で対応することが多いので、企業のビジネスを加速できるよう、スピード感を持って取り組むことが重要です。

将来的にはどのような案件に力を入れていく予定ですか。

企業法務、相続に力を入れていく予定です。

基本的には、各弁護士のやりたい分野をヒアリングし、その分野の開拓に事務所として支援していく考えです。

採用サイトメニュー