教育体制(弁護士)

アルテは、「教育に最大限の時間とお金をかける」ことを、重要な方針としています。

そして、各社員の持つ才能を育成し、お客様に喜ばれるよう、社員全員が協力します。

法律事務所の業績は、「人」の持つ能力・スキルによるところが大きく、社員の成長が会社の成長を決めるからです。

社員の成長こそが会社の財産です。

アルテは、計算された教育プログラムを作成しています。

1年後、3年後にどのような実力を付けておいて欲しいかを算定し、そこから逆算して、必要な研修を行います。

特に、入社後半年間は、身に付けなければならない基礎事項を、講義形式で学びます。学校の授業のようなイメージです。

社内では、「新人教育プログラム」と呼んでいます。

内容は、

・事件解決・処理(協議・交渉、裁判、会議、書面作成の方法等)

・法律相談・受任(相談のスキル、受任のノウハウ等)

・仕事術(コミュニケーションの取り方、スケジュール管理方法等)

・職務で注意すること(弁護士職務基本規程、懲戒事例集の解説等)

などです。

新人弁護士用のテキストも作成しています。

当社がこれまで経験した案件をもとに、受任のテキスト、交渉のテキストなど、ノウハウ・コツをまとめて、新人弁護士に渡します。社内会議で、定期的にノウハウを共有して、議論し、テキストを更新してブラッシュアップします。先輩弁護士が、手取り足取り指導します。

また、外部の研修・セミナーにも、会社の費用負担で参加することができます。これまでに、新人弁護士研修、離婚研修等への参加実績があります。

さらに、研修のDVD等もあり、意欲があればどんどん学び成長していくことができます。

研修制度

内定者研修

アルテでは、内定者の皆様に少しでも不安を解消してもらえるよう、内定者の段階から研修を実施しています。

内定後、入社までの修習生の期間も、定期的にコンタクトをとり、フォローをします。

クラウドサービスを活用して、グループチャットを作成し(LINEのグループのビジネス版のようなイメージです。)、修習中に質問や、不安・悩みがあれば、チャット上でいつでも、当社の弁護士に相談できるような体制をとっています。

また、当社から、内定者に対して、実務的な課題を出して取り組んでもらいます。

当社作成の受任、交渉のテキストなども修習中に読んでもらい、実務のイメージを持ちながら、より充実した修習生活にしてもらうようにしています。

これにより、実際、入社までに、既に一定の実力を付けてもらっています。

 新入社員研修

入社当初は、環境の変化や慣れない仕事で、不安になったり、悩んだりしがちですので、安心して仕事が進められ、早く成長できるよう、新入社員に向けて、仕事の進め方や、間違い易い点などについての研修を実施しています。

 外部研修

外部の研修・セミナーにも、会社の費用負担で参加することができます。これまでに、新人弁護士研修、離婚研修等への参加実績があります。

さらに、研修のDVD等もあり、意欲があればどんどん学び成長していくことができます。

 

採用サイトメニュー